HOME / 問題と解答 / 直前対策問題2-2売上総括の2売上帳

問題と解答

問題の種類:売上顛末

問題.0002-2直前対策問題2-2売上総括の2売上帳

問題

以下の取引を売上帳に記入しなさい。

形式は自由ですが、売上帳の記載内容から、当座預金出納帳、売掛金元帳、受取手形記入帳。商品有高帳等へ転記することを前提として解答すること。

 

取引

425日、愛媛商店へ、A商品8,000個を単価350円で売り上げ、代金の内訳は以下の通りであった。

  先に受け取っていた内金¥50,000充当し

  自社が振り出した小切手¥1,000,000(小切手番号ABC0001)を受け取り

  愛媛商店振り出しの約束手形(支払地松山銀行、支払期日8/10、手形番号AZ0003)¥600,000を受け取り、

  クレジットカード(手数料2%、翌月末当座預金に入金)で500,000で処理し、

  受取商品券(4月末決済予定)¥200,000を受け取り

  残額を掛け(翌翌月10日入金)とした。

ファイルダウンロード(Excel)

解答

解説
「仕入帳」の解答とは真逆の、プロ仕様の解答案を作ってみました。
簿記の受験時には、このような細かなことを記載する必要はありません。
補助簿全般に言えることですが、出題された問題文や解答様式をよく観察することが重要です。
何が必須なのか、観察することからわかります。