HOME / 問題と解答 / 第2問「現金」②

問題と解答

問題の種類:仕訳

問題.1111-2第2問「現金」②

問題

以下の仕訳から、取引を推定し、日本語で記しなさい。(できるだけ簿記の勘定科目名だけでなく、日本語で補足をして下さい。)なお、当社では、預り金の管理において、補助勘定を使用している。
番号 月日 借方   貸方
                 
    勘定科目名 補助勘定科目名 金額   勘定科目名 補助勘定科目名 金額
4/1 現金   50,000,000   雑益   50,000,000
                 
4/1 普通預金   40,000,000   現金   50,000,000
    当座預金   10,000,000        
                 
4/6 仕入   3,300,000   現金   3,300,000
                 
4/10 預り金 源泉所得税 50,000   現金   150,000
    預り金 住民税 100,000        
                 
4/11 立替金   33,000   現金   33,000
                 
4/19 預り金 健康保険料 100,000   現金   568,000
    預り金 介護保険料 4,000        
    預り金 厚生年金保険料 180,000        
    法定福利費   284,000        
                 
4/20 給料   2,000,000   普通預金   1,527,000
            預り金 健康保険料 100,000
            預り金 厚生年金保険料 180,000
            預り金 介護保険料 4,000
            預り金 雇用保険料 6,000
            預り金 源泉所得税 50,000
            預り金 住民税 100,000
            立替金   33,000
                 
4/22 現金   220,000   売掛金   220,000
                 
4/25 普通預金   220,000   現金   220,000
                 
4/30 小口現金   79,580   現金   49,580

 

解答

解答案と解説を問題順に行います。
①解答案:拾得物¥50,000,000を警察に届けていたが、時効により、届け人のものとなった。
 解説:貸方が「雑益」です。雑益は、現金過不足勘定の貸方残で決算整理を迎えた時に使用する科目です。今回は巨額ですが、雑益以外で処理できません。
②解答案:(昨日雑益として処理をした)現金を、普通預金に¥40,000,000、当座預金に¥10,000,000預け入れた。
 解説:上記のカッコ内を除き、ほかの取引はありません。
③解答案:商品¥3,300,000を仕入れ、代金は現金で支払った。
 解説:「現金」勘定の復習をしているので、仕入代金を現金で支払いました。実務上はありえません。
④解答案:(先月の給料支給の際に従業員からの)預り金(源泉所得税)¥50,000と預り金(住民税)¥100,000を現金で納付した。
 解説:源泉所得税は国庫へ納付、住民税は従業員の住んでいる各市区町村へ納付します。現在は、オンライン納付可能です。
⑤解答案:外出中の社員A宛、代引き商品が届いたので、¥33,000を現金で立て替えた。
 解説:日商簿記3級の試験では、「従業員立替金」という勘定科目名で出題される場合が多いようです。
⑥解答案:社会保険料を、納付書に記載された通りの金額を現金で納付した。預り金との差額¥284,000は、会社が負担した。
 解説:実務上は、健康保険料と介護保険料は、各企業が加入している健康保険組合宛、納付。厚生年金保険料は日本年金機構宛納付します。
  いずれも、オンライン化が遅れているようです。
⑦解答案:給料を支給した。支給総額¥2,000,000。控除額は、預り金(健康保険料)¥100,000、預り金(厚生年金保険料)¥180,000、預り金(介護保険料)¥4,000、預り金(雇用保険料)¥6,000、預り金(源泉所得税)¥50,000、預り金(住民税)¥100,000、従業員に立て替えた金額¥33,000を差し引いた¥1,527,000は普通預金より振り込んだ。
 解説:給料支給の仕訳は、仕訳問題と第3問の試算表の問題にも出題されます。借方1行、貸方諸々。訓練しましょう。
⑧解答案:売掛金¥220,000を現金または、小切手で回収した。
 解説:借方が「現金」となっていますが、翌日に同額の現金を普通預金に預け入れているので、他人振出の小切手で回収した可能性もあります。
⑨解答案:現金¥220,000を普通預金に預け入れた。
 解説:上記「現金」は、キャッシュ、他人振出の小切手、その他、国債の利札等を含みます。。ただし、「ペーパーレス」化が進み、現金勘定に含まれるものは、キャッシュと他人振出の小切手だけになりました。
⑩解答案:月末になり、小口現金担当の「用度係に」に、当月分支出額¥49,580を現金で補充した。
 解説:「月末補充」法で、かつ、「定額資金前渡法」を採用している企業を前提。


 

解説・補足